2017/08/12

基礎生コン打ち1回目完了

ようやく、ようやく現場に行くことが出来ました!!

残念ながら配筋は見れませんでしたが、生コンを打った翌日に訪問。
コンクリ打設は1回目。2回目は今月下旬に立ち上がり部分を行う予定。


IMG_6863.png

おお、ちゃんと看板立ってる。
施主の名前がちゃんと載ってると、感慨深いです。

s_IMG_6815r.jpg

s_IMG_6816r.jpg

おお!!基礎だ基礎だ!!本当に家が建つんだ!!(笑)

見た感じ、やっぱり狭いなーと感じつつ、これは施主あるある、きっと部屋が出来上がってくれば広く感じるはずだ!と言い聞かす。

s_IMG_6818.jpg

前日に流して翌日にはもう型枠外すって、かなり早い気がしますが・・・不安に思ってネットを色々漁ると、もう少し期間を置いたほうがいいけど、それほど気にしなくても良いとのこと。お盆前だから急いでたんですかね?まぁ細かいことはあまり気にしないのでスルー。
表面に多少気泡ありますが、このくらいは問題無いですかね?たぶん。

s_IMG_6819.jpg

ぐるっと回ってみた限りここがちょっと亀裂が入っているので、N設計事務所に聞いてみます。
見た感じそんなにひどくは無さそうだけど、奥まで割れてたらまずいですよね。問題無ければいいな。

立ち上がり部分のかぶり厚も見てみようかと思いましたが、全体的にしっかり養生されてたし、なにより蚊が多くてそれどころじゃなかった・・・やはり完成後の虫対策を真剣に考えねば。


↓建築家と建てた家のブログが沢山見れます。いつも参考にさせて頂いていますm(_ _)m
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

スポンサーサイト
2017/08/09

着工!!

待ちに待った工事が7月末に開始!!


したらしいです・・・まだ一度も見に行けてません・・・


茨城の現場は都内の現住居から高速使っても50分くらいかかる場所なので、なかなか気軽に見に行けません。

週末に見に行こうと思っても、元々予定が入っていたり、今日こそは!と思っても子供が発熱で断念・・・

本当は他の家ブロガーさん達のようにショベルカーで掘り返すところとか配筋とかも見たかったんですが、見れず。
コンクリート打設はぜひ見たい!!ビフォアアフターとかドリームハウスで生コン流し込んでるのを何十回と見てきたので、ついにそれを自分の家でも!!と思っていたのですが、これも平日、明日の昼間を予定しているとのこと。ちょっと会社休んで見に行こうとも思いましたが、どうしても外せない会議が入っててこれも泣く泣く断念・・・。

とりあえず、今週末の三連休で茨城の実家に帰る予定なので、その道すがら、打設後の状況を見てきます!



最近は文章ばっかの近況報告ですみません・・・毎日の生活に余裕が無さ過ぎです・・・。



↓建築家と建てた家のブログが沢山見れます。いつも参考にさせて頂いていますm(_ _)m
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

2017/07/28

住宅ローン申請完了!

工務店との建築請負契約も締結したことで、着工金の支払いが必要になります。

ということはつまり、住宅ローンの本審査を行うことに。

我が家の住宅ローンに関しては前に書いた通り、以下の通りの条件です。

・本融資はフラット35の35年元利均等払い
・金額は必要資金(設計監理料+工事代金)の9割。1割は自己負担。
・つなぎ融資が必要
・団信は不要

楽天銀行と会社絡みの金融機関とで競っていましたが、結局楽天銀行も現時点で特別セールを行っている様子もないので、事前検討通りに後者の金融機関でお願いすることになりました。ここではX銀行とします(正確には銀行ではなく住宅ローン専業の金融機関です)。

X銀行はきちんと担当の方が付いてくれるので、色々と教えてもらえてとても助かりました。
手厚いサービスが無くても安ければネット銀行で全く問題ない!!と思っていましたが、ネット銀行より安くてフォローもしっかりしてくれるんならX銀行を選ばない理由はありません。

ということで要求されるがまま大量の書類を用意し、本審査をお願いしました。
今回は建築家物件ということで設計監理料もローンに含めること、つなぎ融資が必要なこと、などから若干提出資料が多かったんですが、なんとか無事に提出完了。
実際は色々と細かい条件が気になって、竣工が遅れた場合とか逆に早まった場合とかの資金精算方法などについて確認するのに時間がかかりましたが。

あれなんですね、つなぎ融資って金利とか手数料とかが差し引かれて工務店に支払われるんですね。例えば1000万円借りるんだけど手数料とか金利が予め50万円差し引かれて950万円しか支払われない。
つまりは差し引かれた50万円は自分の手金で用意するか、そもそも差引後に工務店宛に支払う額になるように逆算して借入金額を設定しないといけない(借入金額1050万円にして手数料金利差し引かれてちょうど1000万円になるように、みたいなイメージ)。
ちょっと盲点、というか、さすが銀行、取れるもんはまず最初に取りますよね。いや、ビジネスの基本ではありますが、個人として対峙すると圧倒的な力関係の差があるのを実感しました・・・。

本審査も無事に通ったのでX銀行の担当さんに平日、会社まで来てもらってつなぎ融資の契約をしました。
これで今月末にD工務店に着工金が振り込まれるので、差額も手持ちのお金から払って無事に実質的な着工となります。

あーよかった。
あとはフラット35の実行時期である来年3月ごろまで金利が上がらないように祈るだけ・・・。


しかしまた文字だけ長文になっちゃいました(´・_・`)


↓建築家と建てた家のブログが沢山見れます。いつも参考にさせて頂いていますm(_ _)m
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

2017/07/16

地鎮祭(※長文注意)

IMG_6575.jpg 

先日、無事に地鎮祭を執り行いました。

当日は日曜日の大安。神社の神職の方はその日4件の地鎮祭が入っているということで私たちはトップバッター、朝8時半からのスタートとなりました(眠い)。

IMG_65871.jpg 

土地の神様へのご挨拶と工事の安全祈願ということもあり、普段の休日のTシャツ短パンではなく、仕事の時と同じようにワイシャツとスラックス、革靴で参加しました。妻や子供たちもいつもよりはシックな服装で。まぁここらへんはお好みですよね。

妻の両親も来てくれて、地鎮祭の始まり。N設計事務所からパートナーNさん、担当Oさん、D工務店からD社長が来てくれました。

神職の方は若い女性の方でした。しかも名刺まで頂いて。神社の神職は女性でもなれるんだーってことと、ちゃんと名刺も持っていることにちょっと驚きました。
こちらの神社は建築家Nさんに紹介、手配してもらいました。というのもNさんの自宅は私たちが家を建てる場所から車で10分くらいの至近距離。地元の神社をご存知だったので、私たちが探す必要はありませんでした。助かる・・。

8時半の時点で強烈な日差し・・・早い時間で良かった・・・。
それでも子どもたちは一瞬で汗びっしょり。妻は女優魂なのか、顔には汗をかかず。すごい。どうやってんだろ。(当然ですが妻の仕事は女優ではありません。)

IMG_6577.jpg 

私と息子、妻と娘で鍬入れもやりましたよ。
天まで響き渡るくらいの声で「エイ!エイ!エイ!」とやりたかったところですが、さすがに日曜の朝からそんな声を響き渡らせるわけにもいかず、ちょっと抑え気味にエイエイ言ってやりました。

IMG_65901.jpg 



IMG_65911.jpg 

そんなかんじで一通りの祭礼を行なって無事終了。

ちなみに、地鎮祭の準備はなにもしませんでした。初穂料3万円だけで、祭壇とかお供え物は全て神社側で準備して頂けたので、施主としてはとっても楽でした。ありがたい。

そのあと、D社長とともに近隣ご挨拶に。前日に今の家の近くで手土産(ちょっと有名な下町のお煎餅屋さんのおかき、一個300円程度)を手配していたので、それを持ってD社長のあとをノソノソついて回りました。回ったのは両隣、正面のファミリー向けアパート2部屋、その両隣+その隣1軒と、合計7軒です。私たちの土地の裏側は公園で、そちら側に家は建っていないので普通よりは少ないほうかな?
日曜日の午前中ということもあってなんと7軒ともご挨拶することができました!D社長もパートナーNさんも驚いてました。
みなさん感じが良い人が多く、お子さんがいるご家庭も多いようで、その点もちょっと安心。こういうとき、子供を一緒に連れて行くと場が和むからいいですね。

そんな感じで、地鎮祭とご近所挨拶を滞りなく終えることができました。

個人的にはですね、あまり強い宗教観とか儀礼的なものに対するこだわりは無い方なんですが、今回は特に子供達にこうした経験をさせてあげたいな、と思って地鎮祭を行いました。
子育て観の話になっちゃいますが、子供達には日本で生まれたからには、日本独自の文化や宗教儀式、お祭りやさらには日本昔話とか妖怪とか、そんな民俗的なものにしっかりと触れさせてあげたいんですね。
グローバル教育も必要ですが、それは外国の文化を学ぶことだけではなく、自分の国のことを良く理解し、誇りを持った上で、異なる民族・文化・宗教を理解し、コミュニケーションを取れるようになることこそが大切なんじゃないかな、と思う次第です。まずは土台というか起点になるもの、それが広義のアイデンティティ、文化的アイデンティティと言えば良いのでしょうか、そんなものがまず必要だと思っています。

なので、子供達にも「誰も怪我しないで、良い家が建ちますように、って神様にお願いするんだよ」と伝えました。多分まだあまり理解はできていないと思いますが、不思議な格好の人が来て不思議な歌のようなものを歌って、なんかパパとママもちょっと綺麗な格好をして不思議な格好の人の言うことちゃんと聞いて静かにしてる・・・なんかいつもと違う、大事なことをしているのかなぁ、っていう程度でいいので、「空気」を感じてもらえていればいいなーと思っています。

さて、最後は良く分からない子育て観の話になっちゃいましたが、着工に向けてようやくスタートを切りました!
今住んでいるところからはちょっと遠いので毎週は見に行けないと思いますが、自宅が近い建築家Nさんが頻繁に現場に入ってくれるようなので、レポートを楽しみにしたいと思います。

でも基礎の鉄筋組んだところとコンクリを打つところは見たいなぁ・・・コンクリートミキサー車でガーッと流し込むところ見たい・・・。



↓建築家と建てた家のブログが沢山見れます。いつも参考にさせて頂いていますm(_ _)m
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ

2017/07/15

工事契約締結:D工務店社長と初顔合わせ

金曜日の会社帰り、N設計事務所で工事契約を締結してきました。

D工務店とは初対面です。

D工務店の社長、Dさんは40代半ばほど、現場の男!というかんじで良く日焼けした顔をされています。
といってもとても腰が低く、真面目な方だなぁという印象。豪快に喋る感じではなく、どちらかというと物静かな方かな?

D工務店はD社長の一人工務店とのこと。ただ、一緒に仕事をする基礎屋さんや大工さん、設備屋さんなどは基本的にはいつも同じチームで組んでいるようで、ツーカーの仲だそうです。
N設計事務所の案件を手がける時も、現場の職人さんから「設計図はこうなってるけど、Nさんの案件ならこうしたほうがいいんじゃねーのか?」といった提案もしてくれるほど、N設計事務所の家づくりを良く理解してくれているということです。

あと、当初の見積もり金額も想定していた範囲内で収まったのも、N設計事務所とD工務店がお互い「こういう仕様にしたらこれくらいの金額になるだろう」という感覚を掴んでいたからなんでしょうね。

設計事務所、工務店、現場の職人さんがお互いに良く理解し合っている、そんな幸運な事例に出会えたんじゃないかと、工事が始まるのがとても楽しみになった工事契約の締結でした。


↓建築家と建てた家のブログが沢山見れます。いつも参考にさせて頂いていますm(_ _)m
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ